Lenzing Modal®

レンチング社が生産・販売するモダール繊維、Lenzing Modal® (レンチング モダール®)は、天然の柔らかな肌触りと、際立った環境への優しさを特徴とします。レンチング モダール®は、エーデルワイス・テクノロジーを用いて生産されています。この「エーデルワイス」という名称は、原材料であるパルプを、レンチング モダール®と同じ施設で生産するという「共生型」の生産プロセスを象徴しています。この方式により、エネルギーやその他の資源を無駄にしない生産が可能です。このシンプルで魅力的な方式、それが「エーデルワイス」です。

自然の森林

原料はブナの木

ブナの木は、その独特の成長の仕方で知られています。ブナは「若返り」によって増えます。すなわち、自ら繁殖するのです。人間による灌漑や植樹は必要なく、ブナの森は完全に天然でサステナブルな原料供給源となります。レンチングが使用するブナ材の半分以上がオーストリア国内産であり、残り半分も近隣国で採れたものです。またレンチングでは、現在一般的な林業関連の法令にも適合しサステナブルな手法で森林から採られたブナ材だけを使用しています。

サステナブルな植林地で採れたブナ
若返りで増えていくブナの木
使用するブナ材の半分以上がオーストリア国内産

イノベーティブな環境に優しい技術

循環型生産方式(クローズド・ループ)

木から繊維へ。レンチング モダール®を見れば、その意味をすぐに理解していただけるでしょう。この繊維は、ブナの森から採れた木材を原料とし、太古の昔から自然に備わる大切なメカニズム、光合成を活用しているからです。そして光合成こそが、レンチング モダール®を支える基盤と言えます。ブナの森は、北ヨーロッパや中央ヨーロッパに多く、何世紀にもわたってこれらの地域の景観を形作ってきました。このブナ材は、自然でサステナブルな原料供給源です。レンチング モダール®の生産の中心となる技術が、酸素ベースの化学反応を活かした「エーデルワイステクノロジー」です。レンチング モダール®は、パルプから繊維に至るまで、環境に対して責任のある方式で生産されています。そしてレンチング モダール®の生産原料の最大95%が、イノベーティブな環境に優しいプロセスによって施設で回収されます。この穏やかな処理方法が理由で、レンチング モダール®の生産施設は、観光地の中での操業を認められています。

インターナショナルブランドとして

保護された商標

レンチング モダール®は、レンチング社が生産・販売するモダール繊維の商標名です。
レンチング モダール®は、世界的な認証システムによって保護された商標であり、全世界で商標登録されています。.